ピックアップ記事

企業・産業ミュージアムとは、企業が自社の歴史や事業内容、専門知識を幅広く知ってもらうことを目的としたミュージアムです。

「自社の事業内容に関する展示」と聞くと、ただ自社製品や自社サービスについての展示を行うだけの場なのかと感じるかもしれません。

しかし企業・産業ミュージアムは、ブランド発信拠点や、消費者・取引先とのコミニュケーションの手段としての活用など、想像以上に様々な役割が求められます。

企業・産業ミュージアムをより効果的な場所にするためには、音声ガイドの導入がおすすめです。
音声ガイドは音声によって分かりやすい解説を提供するため、展示物についての理解が深まることで、企業へのイメージアップにもつながります。

この記事では、音声ガイドの導入メリットや、導入時の注意ポイントについて詳しく解説します。

  • 簡単5分登録
  • 最短2日での制作可能

無料 スマホ音声ガイドのサンプルお申し込みはこちら

9種類のテンプレートからデザイン選択可能・色設定も自由

企業・産業ミュージアムに音声ガイドの導入が効果的な6つの理由

企業・産業ミュージアムのイメージ

まずは、企業・産業ミュージアムに音声ガイドへの導入が効果的な6つの理由を紹介します。

音声ガイドへの導入が効果的な6つの理由
  • 展示物についてのより詳しい情報を届けられる
  • イメージアップに役立つ
  • 来場者の年代や目的別の解説を提供できる
  • インバウンド対策ができる
  • 来場者の傾向がわかる
  • 非接触により感染症対策としても役立つ

展示物についてのより詳しい情報を届けられる

音声ガイドを導入する最大のメリットは、展示物についてのより詳しい情報を届けられることです。

ミュージアムでは展示物の近くに文章で解説が書かれていることが多いですが、「文字の大きさが小さい」「混雑していて見えにくい」といった理由により、解説文の内容を確認できない人も多く存在します。

展示物についての解説を読めないと、ミュージアムの面白さは半減してしまいます。

音声ガイドではゆっくりとした分かりやすい音声で解説を読み上げるため、その都度解説文を確認する必要がありません。
また漢字が読めず内容が理解できないといった心配もないため、子どもを含めた幅広い来場者に分かりやすい解説を提供できます。

イメージアップに役立つ

企業のイメージアップに役立つことも、音声ガイドの大きな魅力のひとつです。

企業・産業ミュージアムでは自社製品やサービスについての関連品が展示されていることがほとんどです。
展示物の多くは来場者にあまり馴染みがなく、実際に製品がどのように使用されているのか分かりにくいと感じる人も多いかもしれません。

しかし音声ガイドを導入すれば、ただ見ただけでは分からない詳しい解説を提供できるため、来場者に「もっと知りたい」「実際に製品を使ってみたい」と感じてもらえるかもしれません。

音声ガイドで詳しい解説を提供することで、来場者の満足度の向上につながり、結果として企業に対するイメージアップにも役立つと言えます。

来場者の年代や目的別の解説を提供できる

また複数の音声ガイドを作成することにより、来場者の年代や目的別の解説の提供も可能です。

企業・産業ミュージアムは、"一般的な博物館とは一味違うミュージアム"として、子どもから大人まで、幅広い世代の人気を集めています。

例えば解説内にクイズを入れた子ども向けのガイドを用意すれば、展示が少し難しい内容であっても、親子連れにも展示を楽しんでもらうことができます。年代や目的別のガイドを用意することで、幅広い年代の来場も期待できるでしょう。

インバウンド対策ができる

音声ガイドは日本語だけでなく、英語や中国語などの多言語の解説を提供することもできます。

外国人の来場者に向けた外国語の解説文の用意は時間や手間がかかりますが、多言語対応の音声ガイドを導入すれば、簡単にインバウンド対策が行なえます。

また展示物についての解説だけでなく、注意事項など知っておいて欲しいことを含め正確に伝えられることも音声ガイドのメリットの1つです。

ちなみにインバウンド対策を目的として音声ガイドを導入する際には、対応言語数や翻訳サービスの有無などの点に注目して選ぶことがポイントです。

翻訳した音声ガイドの導入の流れや注意点については、以下の記事で詳しく紹介していますので、合わせて参考にしてください。

来場者の傾向がわかる

こちらは来場者のスマートフォンで解説を再生する「スマホ音声ガイド」向けの特徴にはなりますが、アンケート機能により来場者の傾向を把握できることも、導入メリットの1つです。

従来のアンケート用紙と比較すると、手間が少ないことから回答してもらいやすく、集計などの時間がかかる作業も必要ありません。

来場者の年代や、特に興味を持った展示物・体験したいサービスなどについて回答してもらうことで、改善点の把握にも役立ちます。

非接触により感染症対策としても役立つ

現在は新型コロナウイルスの感染拡大により、"非接触"が重視されています。

感染症の流行によりミュージアムツアーなどによる直接の案内は難しくなってしまったものの、音声ガイドを導入すれば、非接触による解説の提供が可能になります。

またスマホ音声ガイドの場合は、専用機器ではなく来場者のスマホを使用するため、機器の消毒やメンテナンスなどの手間も必要ありません。

スマホ音声ガイドによる感染症対策については以下の記事で紹介していますので、合わせて参考にしてください。

企業・産業ミュージアムに音声ガイドを導入する際の注意ポイント

企業・産業ミュージアムのイメージ

ここまで企業・産業ミュージアムに音声ガイドを導入するメリットについて紹介しました。

しかし、音声ガイドはただ導入するのではなく、いくつかのポイントに注意する必要があります。
企業・産業ミュージアムは企業イメージを伝える場でもあるので、ポイントを確認しないまま作成することで、企業イメージを損ねてしまうかもしれません。

最後に、企業・産業ミュージアムに音声ガイドが導入する際の注意ポイントについて紹介します。

音声ガイドを導入する際のポイント
  • 文章表現に統一感が出るようにする
  • イメージに合ったナレーターを選定する
  • 専門用語のアクセント確認を行う
  • トーン&マナーを決める

文章表現に統一感が出るようにする

1つ目の注意点は、文章表現に統一感が出るようにすることです。

企業・産業ミュージアムでは複数の部署で原稿チェックが行われるため、複数の人が訂正や追記を行うことにより、文章表現に統一感がなくなってしまうことがあります。

文章表現に統一感がないと、音声ガイドの再生時に違和感が生じてしまいます。

音声ガイドの制作会社によっては校正チェックを無料で行っているところもあるので、相談してみるとよいでしょう。

原稿作成時は、文章表現について重点的に確認してみてください。

イメージに合ったナレーターを選定する

2つ目の注意点は、企業のイメージに合ったナレーターを選定することです。

音声ガイドは音声のみで情報を伝える手段のため、ナレーターの選定が非常に重要です。
ナレーターの話し方によって、来場者に与えるイメージが大きく異なります

よって音声ガイドの制作時には、企業イメージを損なわないナレーターを選ぶことが重要と言えます。

ナレーターを選ぶ際には、「落ち着いた話し方が良い」「明るい印象を与える話し方が良い」など、色々なボイスサンプルを聴き比べて、イメージに沿った方を選ぶことがポイントです。

性別だけでなく、ナレーターの話し方から感じられる印象についても注目してみてください。

専門用語のアクセント確認を行う

3つ目の注意点は、専門用語のアクセント確認を行うことです。

企業・産業ミュージアムでは、社外の人には馴染みのない専門用語が頻出することが多いです。

事前に専門用語のアクセントを指定しておかないと、ナレーターが間違ったアクセントで原稿を読んでしまう可能性が高くなります。

専門用語と考えられる用語が原稿に入っている場合は、事前にアクセントを指示しておきましょう。

トーン&マナーを決める

さらに、専門用語のアクセントだけでなく、音声ガイド全体のトーン&マナーを決めることも重要です。

トーン&マナーとは、自社イメージの統一感を保つためのルールのことです。
事前にトーン&マナーを決めておかないと、与えたい企業イメージとはそれた音声ガイドになってしまうかもしれません。

例えば「自称や他称」「文章構成や自社サービス紹介時の禁止事項」などのルールは、原稿作成前に事前に決めておくと安心です。

またトーン&マナーを決めた後は、忘れずに音声ガイドの制作会社にそのルールを伝えることがポイントです。

企業・産業ミュージアムに音声ガイドを導入する際は、事前にイメージを持っておくことが重要

企業・産業ミュージアムのイメージ

この記事では、企業・産業ミュージアムに音声ガイドを導入するメリットや、導入時の注意ポイントについて紹介しました。

企業・産業ミュージアムに音声ガイドを導入する際は、事前にトーン&マナーを決めておくなど、制作前に音声ガイドのイメージを持っておくことが重要です。

また企業イメージを損なわないように、音声を読み上げるナレーターについても慎重に選ぶ必要があります。

スマホ音声ガイドのMuseum Guideでは、原稿の校正サービスを提供しているだけでなく、日英中仏韓の5ヶ国語に対応している、男女50名以上のナレーターから選択できるなど、企業・産業ミュージアムにとって嬉しい特徴が揃っています。

現在Museum Guideでは、無料サンプルの作成を受け付けています。
興味がある方は、ぜひこの機会に以下のボタンよりお申し込みください。

  • 簡単5分登録
  • 最短2日での制作可能

無料 スマホ音声ガイドのサンプルお申し込みはこちら

9種類のテンプレートからデザイン選択可能・色設定も自由

おすすめの記事