ピックアップ記事

「バスガイドの代わりに、観光スポットの見どころやバス乗車時の注意点を分かりやすく解説する手段はないだろうか」
「観光バスの効果的な感染症対策について知りたい」
といったお悩みはありませんか?

観光バスに関するお悩みの解消には、音声ガイドの導入が非常に効果的です。
音声ガイドの導入には「コストの削減・感染症対策・多言語対応」などのうれしいメリットが揃っています。

この記事では、観光バスに音声ガイドを導入するメリットや活用方法について詳しく紹介します。

  • 簡単5分登録
  • 最短2日での制作可能

無料 スマホ音声ガイドのサンプルを作ってみませんか?

9種類のテンプレートからデザイン選択可能・色設定も自由

観光バスに音声ガイドを導入する7つのメリット

観光バスに乗る人

まずは、観光バスに音声ガイドを導入する7つのメリットについて紹介します。

コストの削減ができる

観光バスと言えばバスガイドが観光スポットの解説を行うことが一般的でしたが、近年はコストの削減などの理由により、バスガイドが不在の観光バスも多く存在します。

音声ガイドは簡単な操作で誰にでも分かりやすい音声解説を提供できるため、今までバスガイドが行っていたツアー行程の説明や、乗客に聞いて欲しい情報の提供を音声ガイドが代わりに行ってくれます。

また伝え漏れなどの心配をすることがなく、全ての乗客に同じクオリティの解説を提供できることもメリットの1つです。

注意喚起ができる

音声ガイドはツアー行程の紹介だけでなく、注意喚起にも役立ちます。
観光バスでは、発車前に以下のような注意事項を乗客に伝えることがほとんどです。

観光バスでの注意事項の例
  • バス乗車中はシートベルト着用
  • 集合時間厳守
  • ゴミは持ち帰る
  • シートを汚さない
  • ドライバーの指示に従う

バスガイドが乗車している場合はバスのマイクを使用して注意喚起を行いますが、座席の場所や車内の状況によっては良く聞こえない場合もあります。

音声ガイドで注意喚起を行うことは、乗客全員に注意事項を正確に伝えることにも役立ちます。

非接触により感染症対策になる

新型コロナウイルスが流行している現在、多くの人が感染を不安に感じています。特にバスは密になりやすいため、感染症対策がなされているかを気にする乗客は多いと言えます。

音声ガイドを導入すれば対人での解説が不要になるため、感染症対策としても効果的です。

多言語対応が可能なためインバウンド対策になる

音声ガイドは多言語対応が可能なため、外国人観光客対策にも役立ちます。インバウンドが増加している現在、観光バスでの解説にも多言語化が求められています。

日本語以外にも、英語や中国語での解説の提供を行うと良いでしょう。
対応できる言語数は音声ガイドの制作会社によって異なっているため、インバウンド対策として導入する場合は、対応言語数にも注目することをおすすめします。

インバウンド対策については、こちらの記事で紹介しています。

観光ガイドとしてバスの外でも使用できる

また音声ガイドは、観光ガイドとしてバスの外でも使用することができます。
観光ガイドとしての使い方は、美術館の音声ガイドを思い浮かべてもらえると分かりやすいかもしれません。

事前に観光スポットの解説を録音しておくことで、観光スポットの見どころ解説としても役立ちます。

クーポンなどの特典をつけられる

また音声ガイドの種類によっては、音声解説と合わせてクーポンなどの自社特典をつけることもできます。

サービス料金の割引などのクーポンをつけることで、リピート乗車も期待できるでしょう。

詳細なデータを確認できる

こちらも音声ガイドの種類による特徴となってしまいますが、音声ガイドでは音声ごとの再生回数の確認など、詳細なデータをチェックすることも可能です。

再生データーの確認は人気の観光地や解説の把握にもつながるため、新しい企画を考える際にも役立ちます。

音声ガイドの中でも"スマホ音声ガイド”の導入が便利な理由

スマホとイヤホン

「音声ガイド」と聞くと、事前に解説が録音された専用機器を使用するタイプを想像する方が多いと思います。

しかし観光バスに音声ガイドを導入する場合は、乗客のスマートフォンを使用して解説を聞く"スマホ音声ガイド"を導入した方が多くのメリットが存在します。

最後に、スマホ音声ガイドの導入をおすすめする4つの理由を紹介します。

自身のスマホを使用することで感染症対策になる

現在は新型コロナウイルスの流行により、各地で感染症予防が進められています。

専用機器を使用するタイプの音声ガイドを導入した場合には、使用後に消毒の手間が生じます。また機器を使い回すことにより、感染に不安を感じる人も少なくありません。

一方スマホ音声ガイドは乗客のスマートフォンを使用して解説を再生するため、専用機器を準備する必要がなくなります

またバス内で専用機器を貸し出したり、消毒を行ったりといった手間を省くことにも繋がります。

導入コストや維持コストが低い

スマホ音声ガイドには、導入コストや維持コストが低いとのメリットも存在します。

専用機器を使用するタイプの音声ガイドには、下記の様な多くの初期費用や維持コストが発生します。

専用機器タイプの音声ガイドの初期費用
  • 機器のレンタル費や購入費
  • ナレーション収録費
  • 設定費
  • メンテナンス費
  • 毎月の管理費(場合による)

一方スマホ音声ガイドを導入した場合に発生するコストは、サイト(アプリ)の制作費やナレーション収録費などのみで、専用機器を使用するタイプの音声ガイドと比べて費用を安く済ませることができます

日本語が分からない人でも簡単に操作できる

外国人観光客が多く利用する観光バスに音声ガイドを導入する場合は、「解説の再生方法が複雑ではないか」との点も重要なポイントです。

スマホ音声ガイドは乗客が普段から使用しているスマートフォンを使用するため、例え日本語が分からなくても操作方法に困りません
外国人でも簡単に解説を再生できます。

アンケートに回答してもらいやすくなる

スマホ音声ガイドには、音声の再生機能以外にアンケート機能をつけることもできます。

従来はアンケートと言えば専用のシートを配る方法が一般的でしたが、紙でのアンケートは「回答が面倒」「ペンを持っていなかった」などの理由で回答をやめてしまう人も多い傾向にありました。

乗客が普段から使い慣れているスマホでのアンケートの回答は、紙でのアンケートよりも気軽に回答できるとのメリットがあります。

また運営側も事前に人数分の解答用紙を用意する必要がない・面倒で手間のかかる集計作業が不要になるなどのポイントがそろっており、乗客の傾向や意見をより把握しやすくなります。

観光バスへの音声ガイドの導入は利便性の向上につながる

観光バスに乗る人

この記事では、観光バスに音声ガイドを導入するメリットや活用方法について紹介しました。
観光バスへの音声ガイドの導入には、コストの削減やインバウンド対策・詳細なデータ確認など複数のメリットが揃っています。

もちろん専用機器タイプを使用しても効果がありますが、観光バスには乗客のスマホを使用するスマホ音声ガイドを導入するとより便利になります。

スマホ音声ガイドには専用アプリを使用するアプリタイプと、QRコードを読み込むなど簡単な操作だけで音声を再生できるブラウザタイプの2種類があります。

コストを抑えたい場合や、外国人観光客対策として音声ガイドを使用したい場合は、MUSEUM Guideなどのブラウザタイプの音声ガイドがおすすめです。

ブラウザタイプの音声ガイドについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、合わせて参考にしてください。

  • 簡単5分登録
  • 最短2日での制作可能

無料 スマホ音声ガイドのサンプルを作ってみませんか?

9種類のテンプレートからデザイン選択可能・色設定も自由

おすすめの記事