コロナ禍やポストコロナの研修・視察には音声ガイドの導入が効果的|4つの導入メリットを解説

「コロナ禍での研修や視察は、従来とは異なった方法で行う必要があり、なかなかうまくいかない」
「密を避けるため、団体での視察が難しくなってしまった」

といったお悩みはありませんか?

コロナ禍での研修は、人と人との距離や人数などに注意して行う必要があり、従来とは開催方法が異なることから、対応に悩む企業は多いかもしれません。

そこでこの記事では、コロナ禍での研修や視察の実施にお悩みの方に向けて、以下のような点について詳しく解説します。

  • コロナ禍での研修や視察の問題点
  • 問題点の解決手段としての音声ガイドの導入メリット
  • 専用機器が不要なスマホ音声ガイドの特徴

音声ガイドの具体的な活用方法についても紹介しますので、ぜひ最後までご一読ください。

ミュージアムガイド

スマホ音声ガイドのュージアムガイドは、制作費や運用維持コストが非常にリーズナブル。また制作期間も短期間なので美術館や水族館はもちろんイベントなどにも最適!

コロナ禍での研修や視察の問題点

研修を受ける人

コロナ禍の研修では、従来の研修や視察では気にする必要のなかった、細かな点に注意しながらの実施が求められます。

よって思わぬトラブルや、開催方法に悩んでいる人も少なくありません。

まずは、コロナ禍での研修や視察の問題点を紹介します。

コロナ禍での研修や視察の問題点
  • 検温や消毒などの手間がかかる
  • 少人数制で同じ研修を複数回実施する必要がある
  • 団体での視察が難しい
  • モチベーションを維持できない

検温や消毒などの手間がかかる

コロナ禍での研修で最も問題とされている点は、検温や消毒などの手間がかかることです。

研修や視察では1つの場所に多くの人が集まるため、感染を防止するには、検温や消毒が必須となります。

検温や消毒と聞くと、ただ必要な道具を揃えれば良いだけに感じるかもしれません。

しかし、スムーズに受付を済ませるためには事前に機器を複数台用意したり、スタッフ全員が迅速に対応できるように情報を共有したりする必要があります。

また1日に複数回の研修を実施する場合は、1回の研修が終わるごとに机やイスなどを消毒することになり、多くの手間やコストが発生します。

少人数制で同じ研修を複数回実施する必要がある

さらに少人数制で同じ研修・視察を複数回実施する必要があることも、コロナ禍での研修や視察の問題点です。

従来通り対面での研修を実施する場合は、密を防ぐために人と人との距離を開け、できるだけ少ない人数で行う必要があります。

よって受講する人が多い場合は、同じ研修を複数回に分けて実施することになり、多くの手間やコストがかかります。

団体での視察が難しい

団体での視察が難しいことも、コロナ禍における研修・視察の問題点の1つです。

団体での視察は感染のリスクが高まるため、視察の受付を中止している施設も多く存在します。

さらにコロナ禍の研修はリモートで開催されることも多いため、複数の人数が集まっての視察は特に難しく、実際に現場を確認できる時間が減ってしまうことも問題視されています。

モチベーションを維持できない

また受講者側の問題としては、モチベーションを維持できないことが挙げられます。

従来の研修では団体で講義を受けたり、実際に現場まで脚を運んだりすることができていました。

しかしリモートでの開催が増加し、他の受講者との交流等も気軽にできない環境では、モチベーションの維持が難しいと悩む人が増えています

コロナ禍での研修や視察への音声ガイドの導入メリット

ヘッドホン

ここまで、コロナ禍での研修や視察の問題点について紹介しました。

数多くの企業が悩んでいる上記のような問題は、音声ガイドの導入により解決できる場合があります。

ここでは、音声ガイドの4つの導入メリットを紹介します。

研修や視察への音声ガイドの導入メリット
  • 個人で研修を受けることで感染症対策になる
  • 少人数の研修を複数回実施する必要がなくなる
  • 個人の都合に合わせた研修や視察が可能になる
  • 何度も聞き直すことができる

個人で研修を受けることで感染症対策になる

1つ目は、個人で研修を受けることで、感染症対策になることです。

コロナ禍で研修や視察を実施する際に最も大きな問題点は、会話等における感染リスクが高まってしまうため、複数人での実施が難しいことだと言えます。

しかし研修の内容を音声解説にして、音声ガイドで研修を行えば、集団ではなく個人で研修を受けられるため、感染症対策として役立ちます。

少人数の研修を複数回実施する必要がなくなる

2つ目は、少人数の研修を複数回実施する必要がなくなることです。

感染症対策のため研修を何回も実施すると、会場代や感染症対策グッズの購入などの手間やコストが発生しますが、音声ガイドを活用して個人で受講することで、複数回の実施が不要になり、手間やコストの削減にも役立ちます

個人の都合に合わせた研修や視察が可能になる

3つ目は、個人の都合に合わせた研修や視察が可能になることです。

従来の研修や視察では、決められた時間や場所に集まる必要があるため、残念ながら参加できない人も複数存在していました。

しかし音声ガイドを活用すれば、個人の都合に合わせて研修を受けたり、視察を行ったりといったことが可能になります。

また自分のペースに合わせて受講できることもメリットの1つと言えます。

何度も聞き直すことができる

4つ目は、音声解説を何度でも聞き直せることです。

研修や視察では、混雑していてスライドが良く見えなかったり、話を聞き逃してしまったりすることで、一部分が分からなくなってしまうこともあります。

またオンラインでの研修の場合は、電波の不都合などにより、途中で音声や映像が途切れてしまうことも少なくありません。

一方音声ガイドは音声解説を何度でも聞き直すことができるため、もし聞き逃してしまった場合は、後からまた再生することも可能です。

さらにボタンを押すだけで再生できるので、パソコンの操作が苦手な人も、音声解説の再生方法に悩むことがありません。

コロナ禍・ポストコロナの研修や視察にはスマホ音声ガイドの導入が効果的

研修のイメージ

この記事では、コロナ禍・ポストコロナの研修や視察について解説しました。

コロナ禍やポストコロナの研修・視察では、従来の実施方法とは異なり「集まる人数を制限する」「検温や消毒などの感染防止対策を徹底する」などの特別な対策が求められます。

ただ一気に複数の対策を行うことは難しいため、もし効率的に感染防止対策を行いたい場合は、スマホ音声ガイドの導入がおすすめです。

スマホ音声ガイドは、個人のスマホで音声解説を再生するため、専用機器の用意は必要ありません

またQRコード等を読み込むだけで簡単に音声の再生ページを開けるため、事前に資料を渡しておくことにより、研修や下見・視察を各自で行ってもらうことも可能になります。

スマホ音声ガイドには大きくブラウザタイプとアプリタイプがあり、費用を抑えて導入したい場合は、ブラウザタイプが効果的です。

たとえばブラウザタイプスマホ音声ガイドのMUSEUM Guideでは、月額18,000円〜の導入が可能です。

現在は無料でのサンプル制作を受け付けておりますので、興味がある方は、ぜひ以下のボタンからサンプルの制作をお申し込みください。

  • 簡単5分登録
  • 最短2日での制作可能

無料 スマホ音声ガイドのサンプルを試してみる

9種類のテンプレートからデザイン選択可能・色設定も自由