工場見学には音声ガイドを導入しよう!メリットや期待できる効果を紹介

工場見学には音声ガイドを導入することで、たくさんのメリットがあります。

食料品や日用品に始まり、機械製品やインフラ関係など工場見学は多様化し、各旅行雑誌やサイトでも特集が組まれ、人気の高い工場見学

工場見学では、楽しんでもらうことはもちろん、取り扱いに注意が必要な機材や場所があるので、しっかりと情報を来場者に伝える必要があります。

工場見学の楽しさや注意点を理解してもらうために、情報を届けるツールとして音声ガイドは最適です。

本記事では工場見学に音声ガイドを導入する理由や、利用するメリットを詳しくご紹介します。

ミュージアムガイド

スマホ音声ガイドのュージアムガイドは、制作費や運用維持コストが非常にリーズナブル。また制作期間も短期間なので美術館や水族館はもちろんイベントなどにも最適!

音声ガイドってなに?

音声ガイドは「ナレーター等の声のプロが音声によって、商品や作品・観光地などの見どころや注意点をわかりやすく伝えるためのツール」です。
音声ガイドを利用することで、施設側にも来場者側にも多くのメリットが期待できます。

海外からのお客に対応可能

新型コロナの影響を受け訪日外国人は減少していましたが、インバウンド再開に向けた取り組みを行っている日本政府観光局(JINTO)によると、訪日外国人数は、2020年には4,115,828人と多くの人が日本を訪れています。
しかし、日本のインバウンド対策は十分とは言えません。観光庁による「訪日外国人旅行者の国内に置ける受入環境整備に関するアンケート」調査結果では「旅行中に困ったこと」が割合とともに紹介されています。ここでは上位3理由について表しました。

理由割合(%)
スタッフとのコミュニケーションがとれない32.9%
無料公衆無線LAN環境28.7%
多言語表示の少なさ・わかりにくさ23.6%

この調査により、多くの訪日外国人が言語の壁により不便を感じている、ということが明らかになっています。

最近では、訪日外国人旅行者向けに工場見学ツアーも準備されており「日本の最先端の工場を見学したい」と思う海外のお客様が来場する機会も増えました。工場では特殊な製法や原材料等があるかと思いますが、外国語に翻訳して、わかりやすく伝えるのは難しい部分もあるでしょう。

音声ガイドは、複数言語を準備できるので、海外からのお客様の対応が可能です。音声ガイドでは、外国語に翻訳されたわかりやすい説明で、多くの外国人来場者に楽しんでもらうことができます。また、工場独特の注意点等も理解してもらうことができるので、安全面でも安心できますね

人員を配置するより格安

工場見学では製品独特の製法や原材料・見学の上での注意点(危険な機械に触れない)等、多くの伝えなければいけない説明があるでしょう。
案内係を配置して解説する場合、工場内では機械音が大きく説明が聞き取り辛いとか、人数が多いと、少し離れた来場者には声が届きにくいといったことがあるかもしれません。特に、注意点については来場者の安全を守るためにも必ず伝えたいポイントですよね。
できればそれぞれのお客様に案内係を付けることが理想的ですが、人員の配置は人件費もかかりますし、案内係の知識量によって説明内容にばらつきが出ることもあるでしょう。

音声ガイドであれば、イヤホンの装着ができるので機械音で聞き取りにくい、という心配がありません。また、どの来場者にもクオリティの高い説明ができ、工場見学の注意点を理解してもらうことが可能です。音声ガイドの導入には多少の費用はかかりますが、人員配置と比較すると格安で済むことが多いです。

工場見学に音声ガイドを導入する理由

工場見学に音声ガイド

ここからは工場見学に音声ガイドを導入すべき理由を解説します。

細かい情報を伝えることができる

工場見学の一番の魅力は、普段関わりのある製品が

  • 「どのような方法で作られているのか」
  • 「どんな機械で作っているのか」
  • 「材料はなにか」

等、お客様となる来場者に知ってもらえることです。

JTB広報室による「工場見学」に関するアンケート調査内にある「工場見学の感想」で、一番多かったのが「製造過程がおもしろかった」です。その他にも「企業の歴史を学び見識が広がった」「作り手の思いを感じることができた」等の回答結果が得られています。
多くの人が工場見学により、企業や製品に対する親近感や理解を深められており、音声ガイドがあれば、これらの情報を伝える役目を果たすことが可能です。

例えば、製品の原材料や製法の細かい説明等をすることで、来場者に製品の魅力を伝えることができますし、その他にも情報を伝えることで、製品のこだわり・安全性の再確認ができ、他社との違いを理解してもらうことにも繋がるでしょう。

見学コースを案内できる

製品ができるまでの過程は多く、見学コースを設けている工場見学も多いでしょう。
ちぐはぐな順番では、来場者が「せっかく工場見学に行ったのに、よくわからなかった」という部分も出てしまうかもしれません。正しい順番で見てもらうことで、製品の新しい発見ができたり、理解を深めてもらうことにも繋がります。音声ガイドがあれば、見てほしい順番を誘導・案内できるので、来場者も見学コース通りに進むことができます。

また、工場では見るものの多くが新しい情報で、来場者もどこを見るべきなのか難しい場合も多いでしょう。見るべきポイントについても、音声ガイドで伝えることができます。

子供でも飽きることがない

JTB広報室による「「工場見学」に関するアンケート調査」によると、工場見学に来る半数は家族で来場しています。
しかし子供にとって理解が難しい内容が多ければ、飽きてしまったり遊びだしてしまうこともあるかもしれません。

音声ガイドであれば、誰にでもわかりやすく説明することが可能です。また、やさしい子供向けの内容にしたり、クイズ形式等興味を持ってもらえるような内容にすることもできます。

工場見学に音声ガイドを導入するメリット

工場見学に音声ガイドを導入するメリットはたくさんあります。中でも3つの理由についてご紹介します。

顧客の満足度をあげることができる

いつも自分たちが食べたり、使ったりする食料品や日用品・機械等の製造過程が見られることは、普段工場とあまり関わりのない人にとって、それだけでも楽しい体験でしょう。

しかし音声ガイドにより、見るだけでなく製造方法や材料を詳しく知ることができれば、製品への深い理解や新しい発見など、満足感も上げることができます。

人件費を削減できる 

工場見学では、独自の材料や製造方法等、説明する内容も多いです。来場者の満足度を上げるため、各工程ごとにその分野に詳しい案内係を配置すると、たくさんの人員が必要となります。また、各言語に対応するために通訳を雇うと、人件費はどんどんと増えてしまうでしょう。

音声ガイドがあれば、詳しい説明ができるので案内係も少ない人数で済みますし、人件費の削減をすることができます。

文字よりも詳しい情報を提供できる

製品の特徴や製造工程について、パンフレットやパネル等で説明していることも多いと思います。しかし、スペースの制約があり情報を全て記述できない、専門的な言葉が出てくると理解が難しいといった、懸念点があります。また機械の動きに目が奪われ、詳しい内容を読まずに工場見学を終えてしまう来場者もいるでしょう。

音声ガイドがあれば、パンフレットなどでは説明しきれなかった情報を詳しく解説できますし、更に噛み砕いたわかりやすい説明をすることも可能です。また、耳で情報を聞けるので、じっくりと製造過程を見ることができ、来場者の満足度を上げることもできるでしょう。

工場見学には音声ガイドを導入しよう

スマホで聴く音声ガイド

工場見学は普段見ることができない、製品の裏側を知ることができる特別な体験です。企業側としても、自社製品の認知や、他社との差別化・製品の安全性のアピールなど多くのメリットが期待できます。

その他、現在は新型コロナウィルスによる感染拡大防止対策が、それぞれの企業に求められています。
音声ガイドの中でも、スマホで聞ける音声ガイドであれば、飛沫が飛ぶこともありませんし、各個人の持つスマホで完結できるので、感染拡大防止にも効果的と考えられます。企業の案内係や来場者の安全を守るためにも、スマホ音声ガイドは有用といえるでしょう。

音声ガイドがあれば、低コストで製品の製造方法や魅力・価値を、わかりやすく来場者に伝えることができます。多くの説明が必要な工場見学には、音声ガイドの導入がおすすめです。

たくさんのメリットのある音声ガイド、工場見学に導入してみてはいかがでしょうか?

  • 簡単5分登録
  • 最短2日での制作可能

無料 スマホ音声ガイドのサンプルを試してみる

9種類のテンプレートからデザイン選択可能・色設定も自由