ピックアップ記事

"ふるさと名物" とは、市町村が地域資源を活用した商品やサービスのことです。

「ふるさと名物応援宣言」の名で、数多くの自治体が名産品や観光資源について紹介しているのを目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?
ふるさと名物には、食べ物などの名産品だけでなく自然などのスポットまで、幅広い種類が存在します。

しかし「ふるさと名物応援宣言」をしても、地域外の人になかなか魅力を伝えられないとお悩みの方も多いかもしれません。

"ふるさと名物"をより多くの人に知ってもらうためには、音声で解説を伝える音声ガイドの導入が効果的です。

この記事では、ふるさと名物の効果的な紹介方法や、名物の紹介に音声ガイドの導入が効果的な理由について詳しく解説します。

  • 簡単5分登録
  • 最短2日での制作可能

無料 スマホ音声ガイドのサンプルを作ってみませんか?

9種類のテンプレートからデザイン選択可能・色設定も自由

ふるさと名物の類型と代表的な名物

ふるさと名物のイメージ

中小企業庁の「ふるさと名物応援宣言に関するガイドライン」によれば、ふるさと名物は以下の3つの類型に分類されると記載されています。

  • 農林水産品活用型
  • 鉱工業品活用型
  • 観光資源活用型

ふるさと名物と聞くと食品などの名産品のイメージがあるかもしれませんが、技術や文化財、自然の風景地なども対象となります。

まずは3つの類型と、代表的な名物について紹介します。

農林水産品活用型

農林水産品活用型とは、農林水産品の加工商品やその生産活動の体験サービスを対象としたものです。

代表的なものとしては、以下のようなふるさと名物が挙げられます。

ただ農林水産品そのものを対象とするのではなく、加工商品や体験サービスと組み合わせたものが対象となります。

鉱工業品活用型

鉱工業品活用型とは、鉱工業品そのものや関連品などを対象としたものです。

代表的なものとしては、以下のようなふるさと名物が挙げられます。

伝統工芸品や、関連する商品、体験サービスなどが対象となります。

観光資源活用型

観光資源活用型は、観光資源を活用する旅行商品等を対象としたものです。

代表的なものとしては、以下のようなふるさと名物が挙げられます。

また上記の3つ類型の対象物だけでなく、異なる種類の地域資源を複数組み合わせたものを「ふるさと名物」とすることも可能です。

ふるさと名物をより多くの人に知ってもらう方法

物産館のイメージ

アピールしたいふるさと名物が決まった後は、その名物を多くの人に知ってもらうことが重要です。

ふるさと名物はその地域では有名でも、他の地域の人は知らないことがほとんどです。

ここでは、ふるさと名物をより多くの人に知ってもらう3つの方法について解説します。

関連商品や土産物の販売

1つ目は、ふるさと名物の関連商品や土産物の販売です。
土産物屋などで関連商品を販売することで、観光客など離れた土地で暮らす人にふるさと名物をアピールできます。

さらに土産物としてふるさと名物が広まることで、土地を訪れたことのない人にも間接的に名物のアピールができるでしょう。

物産館や物産展でのアピール

物産館や物産展でのふるさと名物の紹介は、他の地域の人に名物をアピールする効果的な方法です。

特に物産展には幅広い年代の人が数多く訪れるため、会場でふるさと名物について紹介することで、離れた地域の人にふるさと名物を認知してもらうきっかけになります。

また地域の物産館がある場合は、そこでふるさと名物についてアピールするとよいでしょう。

体験学習会や観光ツアーの実施

さらにふるさと名物についての体験学習会や、観光ツアーの実施も効果的です。

例えば、地元の人がガイドをつとめ、一緒に関連スポットをまわったり、工芸品の制作体験などができる体験学習会を行なったりするとよいでしょう。

ただ名物について知るのではなく、実際に体験することで、よりふるさと名物への理解を深められ、その地域についてもっと知りたいと感じるきっかけにもなります。

ふるさと名物の紹介に音声ガイドを導入するメリット

ふるさと名物体験のイメージ

ここまで、ふるさと名物をより多くの人に知ってもらう方法について紹介しました。

土地を訪れた人にふるさと名物を紹介するためには、音声ガイドの導入が非常に効果的です。

音声ガイドには、場所や時間に関わらず解説を提供できるといった数多くのメリットが揃っており、ふるさと名物の紹介にも役立ちます。

最後に、ふるさと名物への音声ガイド導入メリットについて解説します。

音声ガイドの導入メリット
  • 地域の魅力をより分かりやすく伝えられる
  • 多言語音声によりインバウンド対策にも役立つ
  • 個人のペースで観光を楽しめる
  • 非接触により感染症対策が可能

地域の魅力をより分かりやすく伝えられる

音声ガイドの最大の魅力は、地域の魅力を誰にでも分かりやすく伝えられることです。

ふるさと名物は他の地域では知られていないことも多いので、はじめて土地を訪れた人にふるさと名物について理解してもらうことは、やや難しいと言えます。

しかし音声ガイドで名物についての解説を提供すれば、はじめて土地を訪れた人にも、分かりやすく正確な情報を伝えられます

例えば観光客のスマホで音声を再生するスマホ音声ガイドを導入すれば、パンフレット等に掲載したQRコードを読み取るだけで、簡単に音声解説を再生することも可能です。

スマホ音声ガイドについては以下の記事で詳しく紹介していますので、合わせて参考にしてください。

多言語音声によりインバウンド対策にも役立つ

音声ガイドは日本語だけでなく、英語や中国語などの多言語に対応することもできるため、インバウンド対策にも役立ちます。

従来のインバウンド対策は、英語表記のある看板や案内を増やしたり、英語ができる専用スタッフを用意したりと、多くの手間がかかっていました。

しかし音声ガイドは簡単な操作ですぐに音声解説を再生できるほか、英語だけでなく中国語や韓国語・フランス語などの多くの言語にも対応しています。

また事前に知っておいてもらいたい注意点や、地域の情報などについても詳しく説明できるため、外国人観光客の満足度向上にも役立ちます。

個人のペースで観光を楽しめる

個人のペースで観光を楽しんでもらえることも、音声ガイドのメリットの1つです。

音声ガイドは場所や時間を問わず、好きな解説を何度でも再生できるとの特徴があります。

よってツアーのように参加時間を気にすることなく、個人のペースで観光を楽しんでもらうことができます。

非接触により感染症対策が可能

近年は新型コロナウイルスの流行により、非接触による案内が重視されています。

今まで観光客向けにツアーなどを実施してふるさと名物についての解説を行なっていたものの、難しくなってしまった地域も多いのではないでしょうか。

音声ガイドは非接触による解説の提供が可能なため、お互いに感染リスクを気にせずに解説を楽しめます。

さらに専用機器を用意する必要がないスマホ音声ガイドでは、機器の消毒やメンテナンスなどが不要なため、余計な手間がかかる必要もありません。

スマホ音声ガイドによる新型コロナウイルス対策については、以下の記事で詳しく紹介していますので、合わせて参考にしてください。

ふるさと名物の魅力をより多くの人に知ってもらうには、音声ガイドの導入が効果的

ヘッドホン

この記事では、ふるさと名物を紹介する方法や、音声ガイドの導入効果について紹介しました。

ふるさと名物と音声ガイドは一見あまり関わりがないように思えますが、音声ガイドは他の地域の人に名物の魅力を紹介する有効な手段として役立ちます。

音声ガイドによって詳しい音声解説を提供することで、ふるさと名物や地域の魅力をさらに感じてもらいやすくなると言えるでしょう。

感染症対策が求められている現在は、スマホ音声ガイドの導入がおすすめです。
スマホ音声ガイドは専用機器の用意やメンテナンスが不要なほか、外国人など日本語が分からない人でも簡単に解説を再生できることが特徴です。

スマホ音声ガイドを試してみたい方は、ぜひ以下のボタンより無料のサンプル音声ガイドを申し込んでみてください。

  • 簡単5分登録
  • 最短2日での制作可能

無料 スマホ音声ガイドのサンプルを作ってみませんか?

9種類のテンプレートからデザイン選択可能・色設定も自由




おすすめの記事