ピックアップ記事

「来場検討者が安心できる感染防止対策について知りたい」
「展示物についての解説や注意事項を、来場者全員に分かりやすく伝える手段はないだろうか」
といったお悩みはありませんか?

上記のようなお悩みの解決には、音声ガイドの導入が非常に効果的です。

音声ガイドの導入には「時間や場所を選ばず、誰にでも分かりやすい解説を提供できる」「非接触の特性を活かし、簡単に感染防止対策を行える」といった数多くのメリットが存在し、特に新型コロナウイルスが流行している現在、感染防止対策としての導入が注目を集めています。

この記事では、音声ガイドの効果的な5つの使い方と、音声ガイドの導入による4つのメリットについて紹介します。

  • 簡単5分登録
  • 最短2日での制作可能

無料 スマホ音声ガイドのサンプルお申し込みはこちら

9種類のテンプレートからデザイン選択可能・色設定も自由

音声ガイドの効果的な使い方5選

ヘッドホンのイメージ

音声ガイドの使い方は、音声解説の提供だけではありません。

非接触による感染予防やインバウンド対策・障がい者のサポートまで幅広く活用することができます。
まずは、特に効果的な5つの使い方を紹介します。

音声ガイドの効果的な使い方
  • 非接触による感染防止対策
  • インバウンド対策
  • 注意事項や展示物の鑑賞順を伝える手段として
  • 障がいを持っている方のサポートとして
  • ターゲットに合わせた解説の提供

非接触による感染防止対策

新型コロナウイルスの流行により各種感染防止対策の導入が進められている現在、対面での接客や商品の解説について頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

音声ガイドは専用機器から流れる音声により、誰にでも分かりやすく解説を提供できるため、感染防止において最も重要な「非接触」での案内が可能になります。

例えばモデルルーム・ハウスなどの展示会場に音声ガイドを導入すれば、来場者1組ごとに担当者をつける必要がなくなり、会話による感染リスクを大幅に下げることができます。

密な状態や会話をできる限り減らすことで、集団感染の可能性を減らすことにもつながると言えるでしょう。

インバウンド対策

音声ガイドは日本語以外の言語にも対応可能なため、インバウンド対策としても役立ちます。

現在は新型コロナウイルスの流行により日本を訪れる外国人は減少傾向にありますが、展示会場やホテルなどさらなるインバウンド対策が求められている施設は多く存在します。

複数言語に対応した音声ガイドの導入は、多言語を話せるスタッフの用意よりも簡単に行うことができます。

ただ音声ガイドの対応言語数はそれぞれの制作会社によって異なるため、インバウンドを目的として音声ガイドを導入する場合は、対応言語数に注目することがポイントです。

外国語の音声ガイドを導入する際のポイントや流れについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、合わせて参考にしてください。

注意事項や展示物の鑑賞順を伝える手段として

また音声ガイドは、注意事項やおすすめの鑑賞順を伝える手段としても役立ちます。

特に博物館などの資料館では来館者に守って欲しい注意事項が複数存在することが多いですが、壁に注意事項を貼っていても見てもらえなかったり、言語の問題により正確に伝わらなかったりする場合もあります。

しかし音声ガイドで必ず守ってもらいたいことを伝えれば、正確に分かりやすく注意事項を伝えることができます

さらに展示会など会場が広い場合や、おすすめの鑑賞順がある場合は、順番についても紹介することで、来館者がより充実した時間を過ごすことへのサポートにもつながります。

障がいを持っている方のサポートとして

音声ガイドは誰にでも分かりやすい簡単な操作で音声解説を再生できるため、様々な障がいを持っている方のサポートとしても役立ちます。

特に博物館などの展示会場は照明が暗く、解説が見えにくいと感じている人は多いです。

説明文が見えにくい館内でも、ゆっくりとした分かりやすい音声で解説を提供することで、幅広い人に展示を楽しんでもらうことができます。

ターゲットに合わせた解説の提供

音声ガイドの導入は、来場者の年齢や興味に合わせた解説を提供したいと考えている場合にも効果的です。

事前に複数の解説を導入した音声ガイドを用意することで、ターゲットに合わせて解説の内容を変更することが可能です。

例えば以下のように解説の内容を分けることで、よく分からないと感じていた展示物も、「分かりやすい・面白い」と感じてもらいやすくなります。

解説の提供例
  • 子ども向け:やさしい内容でクイズなどを交えたもの
  • 外国の方向け:日本の伝統や文化・歴史についての説明が多く含まれたもの

ターゲットに合わせた音声解説を提供することで、来場者の満足度向上も期待できます。

音声ガイドの導入で得られる4つのメリット

ヘッドホンのイメージ2

ここまで、音声ガイドの効果的な使い方について紹介しました。音声ガイドの導入には「そんなことまで?」と驚くようなメリットも複数存在します。

最後に、音声ガイドの導入で得られるメリットを4つ紹介します。

音声ガイドの導入で得られるメリット
  • 来場者の満足度向上につながる
  • コストの削減や収益増加が期待できる
  • 均一なレベルの解説を提供できる
  • 集客率の向上が期待できる

来場者の満足度向上にもつながる

音声ガイドで音声解説を提供すると、ただパッと展示物を見ただけでは分からない、背景や詳しい情報を正確に伝えることが可能になります。

解説文よりも多くの情報を知ることで、「もっと詳しく知りたい」や「会場を訪れてよかった」などと感じる来場者は多いです。

解説文だけでは伝えきれない展示物の背景や魅力を伝えることは、来場者の満足度向上やリピート来場にもつながると言えるでしょう。

コストの削減や収益増加が期待できる

またコストの削減や収益増加が期待できることも、音声ガイドの導入メリットの1つです。

音声ガイドを導入すれば、今までツアーガイドや施設のスタッフが行っていた解説や情報の提供を全て音声ガイドが代わりに行ってくれるため、人件費などのコストの削減が可能になります。

さらに音声ガイドの種類によっては、音声解説と合わせてクーポンなどの自社特典をつけることもできるため、収益の増加も期待できます。

均一なレベルの解説を提供できる

来場者全員に均一なレベルの解説を提供できることも、音声ガイドのメリットの1つです。

例えば展示会などで来場者一人ひとりに担当者をつける形だと、解説をする人によって説明のレベルに差が生じてしまうことがあります。

また解説を行う担当者の人数にも限りがあるため、来場者が多い場合は全員に解説を提供できないことも考えられます。

しかし音声ガイドで解説を提供すれば、来場者全員に均一なレベルの解説を提供することが可能になり、来場者が外国人の場合でも外国語を話せるスタッフを特別に用意する必要もありません。

来場者も自分の興味のある展示をゆっくりと見て廻ることができるため、双方にメリットが生じます。

集客率の向上が期待できる

現在は「新型コロナウイルスの感染防止対策がなされているか」との点を来場する際に重視する人が非常に多いため、音声ガイドの導入をアピールすることで、集客率の向上につながる場合もあります。

音声ガイドを導入し、非接触での案内や解説の提供が可能なことをアピールすれば、来場者の少し行ってみようかなとの気持ちを後押しすることにもつながるでしょう。

音声ガイドは音声解説の提供以外にも役立つ

スマホとイヤホン

この記事では、2021年現在の音声ガイドの効果的な使い方について紹介しました。
音声ガイドの導入による魅力は、非接触による解説や案内が可能になることです。

新型コロナウイルスが流行している現在、多くの人は接触による感染に不安を感じています。
音声ガイドで解説提供をはじめることは、来場検討者の安心や会場で勤務している人の安全の確保にもつながると言えるでしょう。

感染予防対策や解説補助として音声ガイドを導入する場合は、来場者のスマートフォンを使用して解説を聞くスマホ音声ガイドが特に効果的です。

スマホ音声ガイドは専用機器の用意や消毒の必要もないため、感染防止対策として音声ガイドを導入する際にもぴったりです。

スマホ音声ガイド導入時に気をつけたい点やポイントについては、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

音声ガイドを導入して、来場者にとってより安心・安全な環境を整えてみてはいかがでしょうか。

  • 簡単5分登録
  • 最短2日での制作可能

無料 スマホ音声ガイドのサンプルお申し込みはこちら

9種類のテンプレートからデザイン選択可能・色設定も自由

おすすめの記事