ピックアップ記事

「もっと多くの人に歴史資料館を訪れてもらいたい」
「資料館の魅力をより多くの人に理解して欲しい」
といったお悩みの解決には、音声ガイドの導入が非常に効果的です。

音声ガイドと聞くと美術館などのイメージがあるかもしれませんが、音声で分かりやすく解説を提供できる音声ガイドは、歴史資料館や博物館を含めた幅広い施設で活用することができます。

この記事では、歴史資料館に音声ガイドを導入するメリットや、音声ガイドの中でも"スマホ音声ガイド"の導入が特に効果的な理由について詳しく紹介します。

  • 簡単5分登録
  • 最短2日での制作可能

無料 スマホ音声ガイドのサンプルお申し込みはこちら

9種類のテンプレートからデザイン選択可能・色設定も自由

歴史資料館に音声ガイドを導入するメリット

歴史資料館

歴史資料館への音声ガイドの導入には、想像以上に多くのメリットがあります。
まずは、音声ガイドを導入することで生まれる7つのメリットについて詳しく紹介します。

展示資料の背景を分かりやすく伝えられる

歴史資料館に音声ガイドを導入する最大のメリットは、展示資料の背景や解説を分かりやすく伝えられることです。

特定の地域の歴史や文化を紹介する施設では、ただ関係ある品を展示するだけでなく、その背景を理解してもらうことが非常に重要です。
展示物の背景を知ることは、地域の歴史に興味を持ち、より深く知りたいと感じる切っ掛けにもなります。

歴史資料館では解説文や案内パネルなどで解説を提供していることがほとんどですが、暗い展示室内では文字が読みにくく、せっかくの解説文を理解してもらえないことも多いです。

しかし音声ガイドは聞き取りやすい音声で解説を提供するため、解説文よりも分かりやすく背景を理解してもらうことが可能になります。

また、解説パネルよりも多くの情報を来場者に提供できることも導入メリットの1つです。

来館者の満足度向上に役立つ

音声ガイドは、来場者の満足度向上にも役立ちます。

歴史資料館を多くの人に面白い場所だと感じてもらうためには、展示物の背景や歴史を理解してもらうことが非常に重要です。

音声解説を提供すれば、展示物を見ただけでは分かりにくい専門用語や歴史的背景を詳しく紹介することができます。

また来館者は多くの情報を得ることで満足感を感じやすくなるため、再来館につながる可能性も高くなります。

インバウンド対策が簡単に行える

近年インバウンド(外国人観光客)は増加傾向にあり、日本の歴史や文化に興味を持ち歴史資料館を訪れる人は多いです。

日本史や日本の著名な人物についての知識がない人に歴史資料館の展示を理解してもらうことは難しいですが、多言語の音声ガイドを導入することで、正しい情報を分かりやすく知ってもらうことが可能になります。

特に日本はアジアからの観光客が多いため、英語だけでなく、中国語や韓国語などの複数の言語に対応したガイドを用意すると良いでしょう。

また海外で発行されているガイドブックの中には音声ガイドの有無が評価のポイントとなっているものがあることから、音声ガイドを導入すると海外のガイドブックに掲載される可能性も高まります。

音声ガイドで提供する解説文の翻訳は、ガイドの制作会社に依頼することも可能です。
外国語に翻訳した音声ガイドを導入する流れや注意点についてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、合わせて参考にしてください。

収益増加が期待できる

音声ガイドは自由に値段を設定できるため、有料の音声ガイドの提供は資料館の新しい収益源にもなります。

また解説内で展示物に関係するお土産や関連商品について紹介することで、売店の売上増加も期待できるでしょう。

注意喚起としても役立つ

他にも、音声ガイドは注意喚起としても役立ちます。
注意事項はどこの資料館にも存在しますが、張り紙や案内パネルなどで注意事項を表示しても、案内を見てもらえなかったり、正しく理解してもらえなかったりすることも多いです。

音声ガイドは来場者に知ってもらいたい注意事項も分かりやすく伝えることができるため、注意喚起の手段としても効果的です。

来館者の年代や目的に合わせた解説を提供できる

来館者の年代や目的に合った解説を提供できることも、音声ガイドを導入するメリットの1つです。

子ども向けや外国人向けなどターゲットに合わせた音声ガイドを用意することで、施設や展示物への印象がさらに深まり、来場者の満足度向上にも役立ちます。

事前の告知により集客率の向上が期待できる

また「音声ガイドが導入されている」との案内を目にしたことで、ちょっと行ってみようかなと来館を前向きに考える人も多いです。

より多くの人に足を運んでもらうためには、資料館に興味を持ってもらう切っ掛けが必要です。

ガイドを導入後は告知を行い、音声ガイドの導入や開催されている展示について多くの人に知ってもらうことで、集客率の向上も期待できるでしょう。

歴史資料館へ”スマホ音声ガイド"の導入が効果的な4つの理由

スマホを持つ人

ここまで、歴史資料館へ音声ガイドを導入するメリットについて紹介しました。

音声ガイドには複数のタイプがあり、専用機器を使用するタイプの他にも、来館者のスマートフォンを使用して音声を再生するスマホ音声ガイドがあります。

歴史資料館へ音声ガイドを導入する際は、専用機器の用意が不要なスマホ音声ガイドがおすすめです。
最後に、スマホ音声ガイドの4つの特徴について紹介します。

専用機器の用意が不用

スマホ音声ガイドの一番大きなメリットは、専用機器を用意する必要がないことです。

専用アプリのダウンロード・QRコードの読み込みなどの操作だけで簡単に音声を再生でき、来館者に専用機器を貸し出したり・回収したりする必要はありません

また専用機器を使用しないことでメンテナンスや修理なども不要になるため、担当者の手間を減らすことにもつながります。

さらに、日本語が分からない人でも操作方法に悩まない・若い世代の人に解説を聞いてもらえる機会が増えるなどのメリットも存在します。

感染症対策になる

スマホ音声ガイドは来館者自身のスマホを使用して音声を聞くことができるため、機器を使い回す専用機器タイプとは異なり、感染を不安に感じる必要がありません。

またスマホを使用した音声ガイドで解説を提供していることをアピールすれば、来場検討者の感染に対する不安軽減にも役立ちます。

低コストでの導入・維持が可能

スマホ音声ガイドには専用機器の用意が必要ないだけでなく、「導入費や維持費が抑えられる」とのメリットも存在します。

専用機器を使用する音声ガイドでは、専用端末の購入費やメンテナンス費・受け渡しを行うための人件費など多くのコストや手間が発生していました。

しかしスマホ音声ガイドは専用機器を用意する必要がないため、上記のような費用を全てカットすることができます。

またスマホ音声ガイドには大きくアプリタイプとブラウザタイプの2タイプがあり、ブラウザタイプを選択すると特にコストを抑えることができます

ブラウザタイプは専用アプリをダウンロードする必要がなく、QRコードなどを読み込むだけで簡単に再生できることが特徴です。
例えばブラウザタイプ音声ガイドのMUSEUM Guideでは、月額18,000円から利用することが可能です。

ブラウザタイプのスマホ音声ガイドについては、こちらの記事で詳しく紹介していますので、合わせて参考にしてください。

アクセス解析で来館者の動向を把握できる

スマホ音声ガイドは専用機器タイプの音声とは異なり、アクセス解析やアンケートなどの機能を搭載することも可能です。

特にアクセス解析機能は各解説の再生回数や再生順番などを確認できるため、人気のある展示物をより簡単に把握することができます。

またスマホでのアンケートは紙とは異なり回答しやすいことから、来館者の声を集めやすくなるとのメリットも存在します。

来館者の意見や人気のある展示物を把握し、それを展示に反映すれば、より魅力的な資料館となるでしょう。

歴史資料館へ音声ガイドを導入すれば、施設の魅力がより伝わりやすくなる

スマホとイヤホン

この記事では、歴史資料館に音声ガイドを導入するメリットとスマホ音声ガイドをおすすめする理由について紹介しました。

音声ガイドには以下のようなメリットがあり、歴史資料館に音声ガイドを導入すれば、数多くの効果が期待できます。

音声ガイドを導入するメリット
  • 展示物の背景を分かりやすく伝えられる
  • 来館者の満足度向上に役立つ
  • インバウンド対策が簡単に行える
  • 収益増加が期待できる
  • 注意喚起として役立つ
  • ターゲットに合わせた解説を提供できる
  • 集客率の向上が期待できる

特にスマホ音声ガイドは、今まで資料館に足を運ぶ機会が無かった学生や若い世代の人が来館する切っ掛けにもなります。

スマホ音声ガイドの導入は、外国人や若い世代の人など新しい客層を呼び込む手段としても期待できるでしょう。

スマホ音声ガイドの種類についてはこちらの記事で紹介していますので、合わせて参考にしてください。

  • 簡単5分登録
  • 最短2日での制作可能

無料 スマホ音声ガイドのサンプルお申し込みはこちら

9種類のテンプレートからデザイン選択可能・色設定も自由

おすすめの記事